起業

起業に必要なモノ(FAX編)- 起業したらFAXは必要?不必要?

更新日:

起業に必要なモノのFAX編になります。

    1. 住所
    2. 固定電話
    3. FAX
    4. 法人印鑑セット
    5. 名刺
    6. ホームページ
    7. 銀行口座
    8. 顧問税理士

3.FAX

このご時世にFAXなんて不要と思われるかもしれませんが、意外なことに業種によっては現役なんです。

弊社の事業の一つでもある物販ではいまだにFAXで注文が来ること多いんです。

私もそうだったのですがみなさんが探しいるFAXはインターネットFAXだと思います。

受信したFAXはメールに添付され確認できて、送信はインターネットからできる。

これがみなさんが探しているFAXですよね。

 

インターネットFAXを提供するサービスは多数あるので調べているだけで疲れてしまいますよね。

私は本当に疲れました...

 

さて、どこが提供するインターネットFAXを契約すればいいのか探し始める前に

まずは自社のFAXに対する利用頻度を考えましょう。

  • FAXの受信がメイン
  • FAXの送信がメイン
  • FAXの送受信ともに多い
  • FAXの受信ができればよい
  • FAXの送信ができればよい

基本的に上記5パターンのいずれかだと思いますのでそこから適したインターネットFAXサービスを探しましょう。

下記にご紹介する各社インターネットFAXサービスに共通しますが、

インターネットFAXサービスは維持費用とは別にFAX送受信が別費用で掛かります。

ですので自社の利用頻度をよく考えてトータルで安くなるものを選んでください。

それでは私が調査し比較検討したなかで、最終候補として残った人気のインターネットFAXを3つだけご紹介します。

 


1社目は株式会社アクセルコミュニケーションズが提供するmessage+(メッセージプラス)です。

プランは月払いと年払いの2種類あります。

初期費用 月額換算 年間支払総額
年払い 0円 792円 9,500円
月払い 1,000円 950円(初月無料) 11,450円

送信:15円/枚

受信:0円

 


2社目はj2 Global Japan 有限会社が提供するeFAXです。

プランはmessage+と同様に月払いと年払いの2種類ありますが総支払額は変わりません。

初期費用 月額換算 年間支払総額
年払い 0円 1,500円 18,000円
月払い 0円 1,500円 18,000円

※ どちらのプランにも30日間の無料トライアルが付き

送信:毎月150枚まで無料、151枚目から10円/枚

受信:毎月150枚まで無料、151枚目から10円/枚

 


3社名は株式会社Karigoが提供するインターネットFAXです。

送信と受信で契約が必要ですが、送信だけなら初期費用も月額費用もかかりません。

初期費用 月額換算 年間支払総額
送信「秒速FAX送信」 0円 0円 0円
受信「秒速FAX Plus」
SOHO 1,050円 498円 5,976円
ベーシック 798円 9,576円
ビジネス 980円 11,760円

送信「秒速FAX送信」:10円/枚(5,000枚以下の場合)

受信「秒速FAX Plus」:SOHO@8円/枚、ベーシック@3円/枚、ビジネス@無料

 

 

 

 

私が最終的に選んだのは株式会社Karigoが提供するインターネットFAXです。

バーチャルオフィスも固定電話もKarigoなのでそうなっちゃいました(笑)

もしFAX以外のサービスをKarigoで契約していなければmessage+(メッセージプラス)を契約していたと思います。

皆様のご参考になれば幸いです。

-起業

Copyright© Live Free , 2018 All Rights Reserved.