「PowerShell」 一覧

IT PowerShell Windows Windows Server 2016 Windows Server 2019 WSUS

【PowerShell】WSUSのDB(SUSDB)インデックス再構築を自動実行

今回ご紹介するのはWSUS運用であまり実施されていないSUSDBのインデックス再構築を自動化する方法になります。 PowerShellで実行して結果をメール送信するバージョンとバッチバージョンです。 過去に紹介したWSUSクリーンアップと合わせて自動運用をしてみましょう。 過去記事(【PowerShell】WSUSのクリーンアップを定期的に自動実行) 過去記事(【PowerShell】WSUSのクリーンアップを定期的に自動実行2) 過去記事(【PowerShell】WSUSのクリーンアップを定期的に自動実行3)

PowerShell Windows

【PowerShell】表示切れを防ぐ方法

2020/03/31    

次にやることで忘れそうなのでメモです。 PowerShellで取得した情報を表示するさいに表示切れしてしまうのを回避する方法です。 こちらでも使っているのですが改めてピンポイントで。

IT PowerShell Windows Windows Server 2016 Windows Server 2019 WSUS

【PowerShell】WSUSのクリーンアップを定期的に自動実行3

前回の記事(【PowerShell】WSUSのクリーンアップを定期的に自動実行2)でメール送信はやめました。と書いたのですが結局メール送信するバージョンも作ってみました。 イベントログに書き込みつつメール送信も実装したバージョンですので、要望に合わせて前回または今回のものを実装すればよいのではないかと思います。

IT PowerShell Windows WSUS

【PowerShell】WSUSのクリーンアップを定期的に自動実行2

以前ご紹介した記事(【Powershell】WSUSのクリーンアップを定期的に自動実行)のバージョンアップ版になります。 タスクで定期的に実行まではできている前提で、今度は結果をイベントログ(System)に書いてみます。 イベントログを監視するシステムがあればWSUSクリーンアップタスクのエラーをウォッチすることで、さらにメンテナンスフリーなWSUSに近づくと思います。

IT PowerShell Windows Windows 10 Windows Server 2016 Windows Server 2019

【PowerShell】Windows Defenderスキャン除外リストの出力

Windows Defenderでスキャン除外に設定されているフォルダー/ファイルパス、拡張子、プロセスを一覧で出力する方法のご紹介です。 Windows Server 2019でテストしていますがWindow 10、Windows Server 2012 R2以降なら同じ結果となると思います。

IT PowerShell Windows Windows Server 2008 R2 Windows Server 2016 Windows Server 2019

【PowerShell】Window Server 2008 R2での共有フォルダーの各種情報取得

前回の記事のおわりにで記載していましたNTFSアクセス権の表示も追加したバージョンをご紹介します。 簡単にできると思ったのですが結構苦労しました。。。

IT PowerShell Windows 10 Windows Server 2008 R2 Windows Server 2016 Windows Server 2019

【PowerShell】出力結果から空白行を削除

前回ご紹介の記事を発展させるにあたりぶつかった問題で 変数を出力すると何故か空白行(空行)が入るってものがあったのでその回避方法をご紹介します。

IT PowerShell Windows Windows Server 2008 R2 Windows Server 2016 Windows Server 2019

【PowerShell】Window Server 2008 R2での共有フォルダーの共有アクセス権の取得

今回も情報があまりなくて苦労しましたのでメモとして記事にしてみました。 Windows Server 2008 R2からWindows Server 2016に移行する際に既存の環境を調べる必要があったのでやってみました。 記事タイトルの通りでWindows Server 2008 R2上の共有フォルダーの共有アクセス権を取得するPowerShellです。 NTFSアクセス権の取得方法はたくさん情報あるのですが、共有アクセス権の取得に関して私が欲っする方法がなくて。。。

IT PowerShell Windows Windows Server 2016 Windows Server 2019 WSUS

【PowerShell】WSUSのクリーンアップを定期的に自動実行

※ 本記事の発展版もこちらに公開しましたのでよろしければご覧ください。(2020/3/24)   WSUSを運用していく上で重要になるクリーンアップを定期的に自動実行する方法です。 ↑ これです WSUS管理コンソールから任意のタイミングで手動実行できることですが、 クリーンアップはカタログ同期みたいにスケジュール設定して自動実行させてくれないから Powershellコマンドレットとタスクスケジュールを利用し定期的に掃除してもらいます。

IT PowerShell

PowerShellでユーザーのプロパティ設定を取得し確認する

2018/06/07  

  はじめに 今回やりたかったことは Windows Server 2016のローカルユーザー一覧を出力し状態を確認すること です。 状態というのは、 この画面のオプション設定のことです。

Copyright© Live Free , 2020 All Rights Reserved.