IT Windows Windows 10 Windows Server 2008 R2 Windows Server 2016 Windows Server 2019

【その他】Windows TCPセッション数の上限変更など

更新日:

WindowsのTCPセッション数が枯渇した場合の上限値の確認&変更方法の備忘録メモです。

確認手順

■ipv4

netsh int ipv4 show dynamicport tcp
netsh int ipv4 show dynamicport udp

■ipv6

netsh int ipv4 show dynamicport tcp
netsh int ipv4 show dynamicport udp

 

結果の見方としては動的ポートの49152から16384個使いますよってことで、規定値では49152ポート~65535ポートまで使う設定となっています。

 

設定変更

1000番ポートから65535番ポートまで使う設定に変更するには

■ipv4

netsh int ipv4 set dynamicport tcp start=10000 num=65535
netsh int ipv4 set dynamicport udp start=10000 num=65535

■ipv6

netsh int ipv6 set dynamicport tcp start=10000 num=65535
netsh int ipv6 set dynamicport udp start=10000 num=65535

 

上記と合わせてセッションの解放時間の変更もしましょう。

既定ではセッション終了後、4分維持(TIME_WAIT状態)されてしまいます。

30秒に変更するには管理者としてコマンドプロンプトを起動して

reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\Tcpip\Parameters" /v TcpTimedWaitDelay /t REG_DWORD /d 30 /f

を実行し再起動します。

 

おまけ

現在のセッション数を確認するにはコマンドプロンプトで

netstat -an

さらにTCPのセッション数を確認するには

netstat -an | find /c "TCP"

UDPのセッション数を確認するには

netstat -an | find /c "UDP"

総数を確認するには

netstat -an | find /c /v ""

こんな感じですかね。

ころころ状態変わるからTCPカウントして、UDPカウントして総数確認したら足し算して合わないってあるけど、、、ざっくりとした数を知りたいときにどうぞ。

 

-IT, Windows, Windows 10, Windows Server 2008 R2, Windows Server 2016, Windows Server 2019

Copyright© Live Free , 2020 All Rights Reserved.