IT SCCM Windows Windows Server 2016 Windows Server 2019

【SCCM】ワークグループ環境へのSCCMクライアントインストール手順

投稿日:

こちらもちょっと苦労したので備忘録として記事に残します。

はじめに

SCCMサーバーの環境はこちらこちらで構築した環境です。

ただサイトの役割の追加は紹介していないですが。。。

最終系だけお見せすると

こんな状態です。

 

 

前提条件

ワークグループ環境のサーバーやクライアントへのSCCMクライアントのインストールを成功させるための前提条件です。

双方向で名前解決ができること

参考:私はhostsファイルで対応しました

SCCMサーバーとSCCMクライアントをインストールするサーバーまたはクライアントで通信に必要なポートが空いていること

参考:https://docs.microsoft.com/ja-jp/configmgr/core/clients/deploy/windows-firewall-and-port-settings-for-clients

SCCMクライアントをインストールする対象クライアントのネットワーク(IPサブネットまたはIPアドレスの範囲)が境界に設定されていること

上記で作成した境界の境界グループが設定されていること

この4点がクリアできていれば成功すると思います。

おまけとして

サイトの役割として『フォールバックステータスポイント』を追加しておいた方がよさそう

 

 

SCCMクライアントインストール

SCCMクライアントをインストールするサーバーまたはクライアントにローカルの管理者権限を保有するアカウントでログオンします。

 

「ファイル名を指定して実行」を起動します。

 

\\SCCMサーバー名\sms_サイトコード\client\ccmsetup.exe SMSMP=SCCMサーバーのFQDN名▲ SMSSITECODE=サイトコード▲DNSSUFFIX=FQDNドメイン名▲FSP=SCCMサーバー名▲/noservice

を名前の欄に入力し「OK」をクリックします。(▲は半角スペース)

例えば以下の環境の場合は

SCCMサーバー名:SCCM01
ドメイン名:test.local
サイトコード:P01

\\SCCM01\sms_P01\client\ccmsetup.exe SMSMP=sccm01.test.local▲ SMSSITECODE=P01▲DNSSUFFIX=test.local▲FSP=SCCM01▲/noservice

となります。

 

タスクマネージャーを起動して「詳細」タブを開き「ccmsetup.exe」が動いていることを確認します。

 

「ccmsetup.exe」がいなくなり、「CcmExec.exe」が動き出したらSCCMクライアントのインストールは完了です。

暫く待つとSCCM管理コンソールのデバイスに表示されて緑になります。

 

おわりに

終わってしまえば大したことはやっていないのですが、紹介した成功手順に辿り着くまで初心者の私は苦労しました。

同じような方のお役に立てれば幸いです。

-IT, SCCM, Windows, Windows Server 2016, Windows Server 2019
-, ,

Copyright© Live Free , 2020 All Rights Reserved.